自費出版をするなら知っておきたいこと

本を出版したいという人が自身で費用を負担し、本を出版するのが、自費出版です。本を出版するという方法には、出版社に依頼をするという方法もありますが、自己負担で本を出版することでしか得られないメリットもあります。
まず、自由度が高いということです。出版社に依頼するとなれば、多少なりとも他者の考えが反映されることになります。その結果、自身の思い描いたような本を出版することが出来ない可能性があります。しかし、自分で費用を負担するという方法であれば、全てが自己責任となりますが、自由度の高い本を出版することが出来ます。
そして、本を出版したことがあるということは、大きなステータスとなることもあります。本の内容は別にして、出版することが出来るほどの本を書いたという事で相手に与える印象が異なるかもしれません。

本のタイトルは慎重に付けることが大切

自費出版で本を出版して利益を得ることは簡単なことではありません。出版社に依頼した場合には、宣伝なども積極的に行ってくれる可能性がありますが、個人的に出版する場合には、それも全て自分で行う必要があるということを忘れてはいけません。
その上で、重要なこととしては、出版する本のタイトルを工夫するようにしましょう。まだ、読んだことのない本に興味を示すかどうかはタイトルで大きく変わってくる可能性があります。そこで、人が思わず手に取ってしまうようなタイトルをつけるようにしましょう。ただし、突飛過ぎるタイトルや本の内容とは関係のないタイトルは読んだ人の不満が募る可能性がありますので、避けるようにしましょう。インパクトを残しつつ、本の内容が一目見て分かるようなものにしましょう。

本を出版する目的を明確にしよう

本を自費出版するという場合、その目的をしっかりと考える必要があります。多くの人に自分の持っている情報を提供したいという場合もあれば、利益重視の場合もあるでしょう。利益を得たいという場合には、どの程度の利益を得たいのかということを具体的に考えるようにしましょう。目的を具体的に考えることにより、その後の行動も自ずと決まってくるものです。
目的を考えず、もしくは曖昧にしたままでは、成功を見込むことが難しいでしょう。多くの人に本を読んでもらいたいという場合には、多くの人に知ってもらう必要があります。そこで、重要なのが販売方法を選ぶということです。出版社に販売を代行してもらう方法と自身で売る方法、書店からの注文を待つ方法などがありますので、自身の目的に合った方法を選びましょう。

当社の強みは予算と納期に応じた本作りで、お客様のご要望に合わせた自費出版をサポートしている会社です。 電子出版でご対応することも可能です。インターネットを利用した自費出版もオススメです。 お見積依頼やご応募は無料でうけたまわります。 平日は9時~19時まで電話応対いたします。 弊社は高校生から高齢者まで幅広い年代の自費出版の発表をご支援します。 フェイス トゥ フェイスを大切にいつでも面談可能。 低コストで自費出版をお考えの方