もしも自費出版に興味が出てきたら

自分で文章を書いたり、たくさんの写真を撮るなどしてそれらの作品が溜まってくると、ブログやホームページなどではなく、本として形にしたいと思う事も出てくるでしょう。今は自費出版も以前に比べて気軽にできるようになっていますから、目的などを考えた上で自分の作品をまとめてみるのもいいでしょう。ただし、あくまで自分のお金を使って出版するものなので、必ずしもその出版費用を回収できるとは限りません。製作をする前には、利益のことは一切考えないようにすることです。自分の趣味の一環としての製作である事や、他にも挨拶として渡す名刺のようなもの、個人のこれまでの記録を作るなど、しっかりと目的を決めて作るようにすることで、自分自身でも満足できる内容のものを作ることができるでしょう。

自分はどのような形で出版を行いたいのか

一口に自費出版と言っても幾つかやり方によっても種類があります。多くの方がイメージしているのは、出版をしたい個人が自分で執筆やイラスト、写真などを製作し、それを編集して印刷をし、出来上がった本を自分で販売するというような形で行う個人出版が多いです。自分で作業する事も多くなりますが、比較的作業費用としても安く仕上げる事はできます。場合によっては出版を自費でやりますという会社が原稿を募集している事もあるので、それに応募するのも良いでしょう。協力出版という形で個人が応募や持込をした原稿を初版を形に一度してみるということで出版をする方法もありますので、自分がやってみたいと思う形と原稿の状態を確認して、どのような出版形態があっているのかを考えてみましょう。

気になる費用も確認しておきましょう

今では自費出版を行う業者も徐々に増えつつありますので、各会社によっても費用も特色もかなり違ってきます。製作時に気になるのはやはり出版費用ですが、誰もが高いと思っているのも事実です。小部数でも製作してくれる業者であれば、10万円前後でも製作をしてもらうことは出来ますが、小説のような文字だけの本か、それともカラフルな写真やイラストも入るのかでかなり費用にも違いが出てきますので、製作をすぐに依頼する前にまずは気になる業者を見つけたら見積もりを取ってみて下さい。自分の予算でも作ることができると思えば、その業者で依頼すればいいでしょう。書店流通も可能な場合や、製作時に随時相談に乗ってくれるかどうかなど、全体のサービスもチェックして依頼を進めると安心して最後まで製作をしていけます。